So-net無料ブログ作成
検索選択

明日からの追い上げに期待!!

日曜日の甲子園・・・観戦してきました。

結果は・・・サヨナラ負け(泣)

正直、平野投手が降板したあとは嫌な予感がしてました。

函館名古屋、甲子園と週末の試合の中継ぎ陣の崩壊率は
結構なハイアベレージだと思います。

日曜日限定にになると怖いくらいの確立じゃないでしょうか?

甲子園は去年より後ろの席に、ライオンズ応援席が設定されていましたね。

ま~歴史のある球場なので、隣との席の間隔が狭い・・・。
ただ最上段の席からでもよく観えますし、雰囲気が素晴らしい球場です。

9割は阪神ファンなので、非常に応援にも熱がはいります。

勝てていれば気分は最高だったことでしょうから、月曜日に牧田投手の完封劇を
生で見れた人はうらやましいです!!


話は変わりますが・・・今こそ打順を変える最高のチャンスだと思いませんか?

中継ぎ陣に救世主がいないのなら、点をとるしかありません。

片岡選手の昨日の右への3安打は打撃面は去年より、確実に良さそうです。
肩が痛いとの報道もあり気になりますが・・・頑張ってもらいましょう。

秋山選手の打撃面の良さは際立っています。
まさしく、ポスト栗山になってくれると思っています。

なので・・・・・・・・

1:片岡(セカンド
2:秋山(ライト)
3:栗山(センター)
4:中村(サード)
5:中島(ショート
6:平尾(ファースト
7:ヘルマン(レフト)
8:上本・炭谷(キャッチャー)

平尾選手のムードメーカー、勝負強さは必要だと思います。
3打席限定でも構わないので、レギュラーで出場してほしい。

出塁率が高く、勝負強い栗山選手は3番で、2番秋山選手に小技(バントなど)を
覚えてもらうのと・・・機動力は2番向きでは?

中島選手が後ろにいることで、中村選手の負担は減る。

片岡選手の盗塁率低下は気になるところですが・・・
肩の影響でスピードが落ちていると思います。

全力で走る動作って・・・肩の動きは必要ですからね。

ヘルマン選手はレフトで固定し、栗山選手にセンターに戻ってもらいましょう。
肘の調子とかあるかもしれませんが、ヘルマン選手が守るとしたらレフトしかない・・・。


中継ぎ陣の崩壊はありますが点を効率よくとれていない試合も多いのは事実。

2012新打線を作り、機能すれば・・・まだ追い上げ可能な数字です。

ライオンズの本当の新しい形を、渡辺監督お願いします!!


ま~個人的な勝手な妄想話で根拠はありませんが、皆様の考える新打線・・・
あったりしたらコメントください。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る